Features


Advanced Analytics

現実世界を発見します。 科学的な解析ツールを使用して、パターンを特定し、予測を行い、疑問に答えます。

場所の調査

マップにデータを表示するだけで、背景を把握し、新しい洞察と理解を明らかにします。

空間リレーションシップの判断

多くの質問に答えるには、近接、一致、交差、オーバーラップ、可視性、およびアクセシビリティなどの空間リレーションシップを理解する必要があります。

ロケーションとルートの特定

経験的なデータに基づく候補地選択用の GIS を使用します。 ユーザー独自のカスタム ネットワーク データ (私道) や重量、転回、および積載の規制を含めてルートを最適化します。

パターンの検出

データを使用して時間経過に伴うパターンの変化を検出、定量化、解析するときのホット スポットおよび外れ値または自然データ クラスターを検索します。

予測の実行

空間解析では、強力なモデリング手法を用いて、現実社会を予測し、より理解を深めることができます。

Advanced Visualization

直感的で状況に応じたカートグラフィ ツールを使用して、美しく対話的で有益なマップ上にデータを視覚化します。

きれいなマップの作成

最新ツールを使用して、重要な箇所を強調した視覚的に美しいマップを作成します。

業界向けのテンプレート

Esri の業界専門家は設計したカスタマイズ可能なテンプレートにデータをインポートします。

複数のデータ ソース

Web サービス、ライブ フィード、300 超の形式、ArcGIS Open Data、および Living Atlas of the World を使用します。

組み込みベースマップ

Esri が提供するさまざまなベースマップでレイヤー化するときにデータの背景状況を示します。

2D および 3D マッピングの組み合わせ

3D GIS を使用して新しいディメンションでデータを表示します。 2D と 3D GIS の最適なものを組み合わせたマップを作成します。

2D and 3D

世界は平坦ではありません。 マップも平坦である必要はありません。 2D と 3D で操作し、ディメンションをデータに追加して、全体像を表示できるようにします。

3D での視覚化

ArcGIS Pro では、2D と 3D で同時に複数のディスプレイとレイアウトで操作できます。

3D での編集

3D フィーチャを最初から作成したり、3D モデルをインポートしたり、3D で 2D フィーチャ属性をシンボル表示したりします。 フィーチャを作成および編集するときに 2D と 3D を切り替えます。

3D での解析

ArcGIS Pro は、サーフェス解析、可視領域解析、および 3 次元フィーチャ間のジオメトリック リレーションシップを含む 3D データの解析専用のツールを提供します。

Connecting & Sharing

作業を世界と接続します。 さまざまな Web サービスと統合して、Web、モバイル アプリ、ソーシャル メディアでマップを共有します。

ArcGIS Online での共有

ArcGIS Online は、自分の業務を共有するプラットフォームを提供します。 マップ、データ、カスタム ツールとタスクを自分の組織と非公開で、または世界中のユーザーとパブリックで共有できます。

標準への準拠

ArcGIS Pro は業界やコミュニティの標準をサポートし、KML、メタデータ、OGC 標準などの相互運用性を保証します。 フィーチャ データ、表形式データ、ラスターおよび 3D データ、Web サービス、およびリアルタイム センサーを取り込みます。

Web マップでの共有

世界を Web サイトにもたらします。 ArcGIS で作成された対話的な Web マップは、ブラウザーのプラグインを使用せずに、内容を表現し、疑問に答えます。

Web アプリでの共有

ArcGIS Apps は、地理情報を共有するための使いやすい専用の環境を提供します。 現場向け、オフィス向け、およびコミュニティ向けのアプリがあります。 また、独自のアプリを作成することもできます。

Image Processing

ドローン、衛星、航空、ビデオ、および LIDAR など、ArcGIS Pro は画像を管理および解析する強力なツールを提供します。

画像の解析

ArcGIS Desktop には、単独ユーザーおよび複数ユーザーが編集する環境で自分の地理空間データを管理するために必要なすべてのツールがあります。 フィーチャ抽出、科学的な解析、時間の経過に伴う変化を調査する時間解析などを実行します。

画像の管理

衛星、航空、ドローン、無人航空機システム、動画、標高、および LIDAR などさまざまなソースの画像を管理します。

画像の処理

ArcGIS Desktop のリアルタイム処理は、データの重複を防ぎ、保存する必要がある画像の量を減らします。 動的なモザイク処理を使用して、オルソ幾何補正、パンシャープン、レンダリング、補正、フィルタリング、およびマップ代数演算機能など新しい画像を簡単に更新および処理します。

Data Management

リアルタイム データやビッグ データを含むあらゆる種類の空間データを保存、編集、評価、管理するための完全なツール セットを使用してデータの整合性と精度を維持します。

データの保存

ArcGIS では、自分のワークフローに合った手法を使って GIS データを保存できます。 クラウドまたはジオデータベースを使用します。ジオデータベースは、デスクトップ、エンタープライズ、およびモバイル環境で地理空間データを保存および管理するための Esri のツールです。

データの編集

ArcGIS には、単独ユーザーおよび複数ユーザーが編集する環境で自分の地理空間データを管理するために必要なすべてのツールがあります。 コンテキストに応じた編集ツール、業界向けのテンプレート、ドメインとサブタイプを使って簡単に編集し、データの整合性を維持します。

データの評価

ArcGIS Pro には、空間リレーションシップ、接続性、属性の精度を確認するための完全なツール セットが含まれています。

ArcGIS トライアルを利用します。

無料です。

お問い合わせ

Esri (1-800-447-9778) への電話でのお問い合わせ
(米国内のお客様のみ)