Migrating to ArcGIS Pro


Desktop GIS Reinvented

ArcGIS Pro は ArcMap とともに ArcGIS Desktop の一部として含まれています。 ArcGIS Desktop コレクションに追加されたこの 64 ビットのアプリケーションでは、これまでにないほど高速にデータをレンダリングおよび処理できます。 さらに、2D と 3D で設計および編集でき、複数のディスプレイとレイアウトで操作できます。 次に、完成した Web マップを ArcGIS Online または Portal for ArcGIS に直接公開して、組織または世界中のユーザーとつながります。


Migrating Maps and Data

マップ ドキュメント (*.mxd)、シーン (*.sxd)、およびグローブ (*.3DD) を ArcGIS Pro にインポートして、プロジェクト (*.aprx) として保存します。 プロジェクトに後方互換性はありませんが、ArcGIS Pro で使用されるデータは、データ レベルでの共同作業のためにジオデータベースを通じて ArcMap または ArcGIS Pro からアクセスできます。 ArcMap を介して ArcGIS Pro で公開されたサービスを利用および共有できます。 また、同じコンピューター上の ArcGIS Pro と並行して ArcMap を実行できます。 つまり、ArcGIS Pro と ArcMap を使用して、ローカル データとオンライン サービスにアクセスして操作することができます。


Licensing

ArcGIS Pro は、ArcGIS Desktop コレクションに含まれるアプリケーションです。 デフォルトの ArcGIS Pro のライセンスは、ArcGIS Online または Portal for ArcGIS のアカウントを使用して管理されます。 単独使用オプションおよび同時使用オプション* も利用できます。 詳細はライセンス管理の説明をご参照ください。

  • ArcGIS Desktop に付属
  • レベル 2 指定ユーザーを使用
  • 単独ユーザーおよび同時ユーザーのライセンスが利用可能

* 同時使用ライセンスは、現在保守の対象になっている既存の同時使用ライセンス保有者のみが利用できます。

ArcGIS Pro ご使用の前に

ArcMap Users

実行時間: 3 分 58 秒

ArcGIS Online Admins

実行時間: 3 分 58 秒

Primary Maintenance Contacts

実行時間: 3 分 58 秒

一般的な質問

すべて表示/非表示

ArcGIS Pro は ArcMap の後継でしょうか?

いいえ。 ArcGIS Pro は、ArcGIS Desktop ファミリーの新しいメンバーです。ArcMap などの既存の ArcGIS Desktop アプリケーションと平行して実行できます。 現在、ArcGIS Pro には、ArcMap の一部の機能がありません。 ArcGIS Pro には、ArcMap にはない次のような固有の機能と作業実行の新しい方法があります。

  • プロジェクト ベースのワークフロー
  • 3D/2D ビジュアライゼーション
  • タスクベースの作業自動化
  • ベクター タイルの作成
  • 64 ビットのサポート
  • 複数のディスプレイとマップ レイアウトのサポート

ArcGIS Pro は、GIS 専門家のコミュニティからの大量の貴重な入力情報とともに、ArcMap、ArcCatalog、ArcScene、および ArcGlobe の優れた面を利用して構築されました。 新しい機能は、ArcGIS Pro のすべてのリリースに追加されています。 新機能を確認します。

What is the retirement schedule for ArcMap?

While Esri has moved most of its development efforts to ArcGIS Pro, we will continue to provide support and minor bug fixes in ArcMap for a long time (you can find the ArcMap Product Life Cycle on the Esri website). This means that users will be able to use legacy ArcMap applications and workflows long into the future. At the same time, all ArcMap users have the ability to use ArcGIS Pro in their desktop environment. There will be many sessions at the conference this year that show the new features and the advantages of migrating to ArcGIS Pro.

When will ArcGIS Pro do what ArcMap does?

We are steadily making progress on building out the functionality of ArcGIS Pro. The initial release involved basic mapping, editing, 3D visualization, geoprocessing/modeling capabilities, and integration with ArcGIS Online. ArcGIS Pro has had several updates over the last two years and will have an important new release (ArcGIS Pro 2.0) this summer that will include the following:

  • Project Favorites and a Catalog user experience
  • New analysis geoprocessing tools
  • Support for WFS as a native layer and support for service version from OGC web services
  • Support for migrating existing and creating new annotations
  • Layout with Grids and support for Charts on Layouts
  • Traverse tool for COGO feature creation
  • Ability to run multiple instances of ArcGIS Pro on the same machine
  • Improvements to the .NET SDK for developers
  • Additional functionality for the Task framework
  • Improved cartography

This release will also provide the foundation for the implementation of the mapping and charting solution applications from Esri later this year and early next. The last two functionality areas we are working on a new data model and tools for network management (December) and parcel fabric (2018). You can see the Roadmap for ArcGIS Pro on GeoNet.

ArcGIS Pro を以前のバーションの ArcGIS Desktop で使用できますか?

はい。以前のバージョンの ArcGIS Desktop を使用していて、現在保守の対象になっている Esri のお客様は ArcGIS Pro を使用できます。 保守が有効でない場合、ArcGIS Pro にアクセスするための保守契約を再び有効にする必要があります。 保守契約を再び有効にする方法については、[Esri Maintenance Program] ページをご参照ください。

ArcGIS Desktop のライセンスがない場合、ArcGIS を取得できますか?

いいえ。 ArcGIS Pro は ArcGIS Desktop コレクションに含まれているアプリケーションです。ArcGIS Desktop のライセンスを所有し保守が有効なお客様のみが ArcGIS Pro にアクセスできます。

ArcGIS Pro には、複数のライセンス レベル (Basic、Standard、Advanced など) がありますか?

はい。 ArcGIS Pro は、ArcGIS Desktop のライセンス レベルに対応する 3 つのバージョン (Basic、Standard、Advanced) があります。 Basic、Standard、Advanced の順により多くの機能が含まれています。

ライセンスを付与された ArcGIS Desktop エクステンションを ArcGIS Pro で使用できますか?

はい。 ArcGIS Pro は ArcGIS Desktop の一部であるため、ArcGIS Pro においても ArcMap の場合と同じエクステンションを使用できるライセンスが付与されます (利用可能な場合)。 ArcGIS Pro では次のエクステンションが使用できます。ArcGIS 3D Analyst、ArcGIS Spatial Analyst、ArcGIS Network Analyst、ArcGIS Workflow Manager、および ArcGIS Data Reviewer。 ArcGIS Pro 用のエクステンションのライセンスは、ArcGIS Pro のライセンスの場合と同じ方法で管理されます。

Esri は ArcGIS Pro のトレーニングを提供していますか?

はい。 Esri では、ArcGIS Pro 用の無料および有料のトレーニング オプションを多数提供しています。 コースは、この新しく ArcGIS Desktop に加えられたアプリケーションを使用して、すぐに作業を開始し続けて成功できるように設計されています。 お客様の要件に合ったコースを調べるには、Esri トレーニング カタログをご参照ください。

learn.arcgis.com では、無料のトレーニングもご利用いただけます。

ArcGIS for Personal Use に ArcGIS Pro は付属しますか?

はい。 Esri には、非常に手ごろな価格で ArcGIS Desktop と ArcGIS Online を完全に使用するための個人使用のオプションがあります。 この素晴らしいオプションを利用するには、ArcGIS for Personal Use プログラム ページをご参照ください。

お問い合わせ

Esri (1-800-447-9778) への電話でのお問い合わせ
(米国内のお客様のみ)