Skip to Content

ドローン データが重視される理由


ドローンの登場で、誰でも画像とリモートセンシング データを利用できるようになりました。政府も商業組織も、高精度のドローン データを配置して収集できるようになり、その用途は広がり続けています。 そうした使い方から得られる洞察は、ビジネスや政策に関する意思決定を改善します。

ArcGIS Drone Collections の構成


ArcGIS Drone Collections は、ドローン プロジェクトに特化した ArcGIS プラットフォーム製品がパッケージ化されて構成されています。 デスクトップ、クラウド、ArcGIS Online のエンタープライズ構成、Drone2Map for ArcGIS、Site Scan for ArcGIS を選択して、ドローン データを収集、処理、解析、管理して、組織全体で共有しましょう。

適切なデータで、適切な判断

ドローンからの画像がリモートセンシング データのソースとして採用されるケースが増えてきました。 ドローン画像は、高解像度で再現性の高い低コストなデータ ソースとして、マッピングおよび業務ワークフローに利用されています。

ワークフローを合理化

ドローンで収集されたデータを、信頼性の高い画像および 3D モデルに変換すれば、パターンやリスク、変化を見抜くことができます。 処理機能の強化で手に入る洞察は、スタッフの意思決定を支え、業務を最適化します。 ポータルや、ドローン フライト マップを操作する Web アプリにオープンにアクセスできるので、組織全体でデータ共有が進みます。

プロジェクトの発展に応じてテクノロジも拡張

ドローン プログラムの発展に合わせて、システムの機能を拡張できます。 容量とパフォーマンスを向上させ運用効率を改善し、より大きな解析タスクを実行することで、主要な関係者間の協力が促されます。

説明

計画と取得

ArcGIS からの最新のオーバーレイを使用してフライトを正確に計画し、自律的にフライトを実行して、任意のドローンでプロジェクト データを取得できます。

処理、管理、解析

ドローンのフライト データを、デスクトップ アプリケーションで処理し、プロジェクト データを管理、解析します。

配布とコラボレーション

ArcGIS Online、Web アプリ、ストーリー マップ、ダッシュボードを利用すれば、主要なプロジェクト関係者の間でデータの視覚化を進めることができ、コミュニケーションも万全です。

ニーズに応じた最適なドローン ソリューション

組織にふさわしいコレクションをお選びください。

Drone Mapping Collection
デスクトップ
Drone Mapping and Analysis Collection
デスクトップ
Online Drone Mapping Collection
SaaS
Enterprise Drone Mapping and Analysis Collection
エンタープライズ

組織にふさわしいコレクションをお選びください。

信頼性の高いプランニング

マップの作成

共有とエクスポート

解析と管理

フリート管理

マルチユーザー

プレミアム サービス

業務ワークフロー

Drone Mapping Collection
デスクトップ

信頼性の高いプランニング

Yes

マップの作成

Yes

共有とエクスポート

Yes

解析と管理

No

フリート管理

No

マルチユーザー

No

プレミアム サービス

No

業務ワークフロー

No
Drone Mapping and Analysis Collection
デスクトップ

信頼性の高いプランニング

Yes

マップの作成

Yes

共有とエクスポート

Yes

解析と管理

Yes

フリート管理

No

マルチユーザー

No

プレミアム サービス

No

業務ワークフロー

No
Online Drone Mapping Collection
SaaS

信頼性の高いプランニング

Yes

マップの作成

Yes

共有とエクスポート

Yes

解析と管理

Yes

フリート管理

Yes

マルチユーザー

Yes

プレミアム サービス

No

業務ワークフロー

No
Enterprise Drone Mapping and Analysis Collection
エンタープライズ

信頼性の高いプランニング

Yes

マップの作成

Yes

共有とエクスポート

Yes

解析と管理

Yes

フリート管理

Yes

マルチユーザー

Yes

プレミアム サービス

Yes

業務ワークフロー

Yes

担当者と話す