ArcGIS Earth は、グローブ上でイベントを計画、視覚化、評価するための対話型の 3D 体験です。 ArcGIS Earth は、意思決定の向上のために、デスクトップおよびモバイル デバイス上で状況認識を提供します。 3D モデル、KML (Keyhole Markup Language) ファイル、KMZ (Keyhole Markup language Zipped) ファイル、TXT など、さまざまな形式でデータを取り込み、ArcGIS または URL を使用してサービスを開いて、対象地域を 3D で探索できます。 KML 全体を操作して、変化する状況を理解できます。 ArcGIS Earth は、3D データをすぐに使用、操作、共同作業するための無料で使いやすいツールです。

ArcGIS Earth のメリット

KML やその他のデータを利用できるアプリ

ローカル ファイル、ArcGIS Online、ArcGIS Enterprise、およびサービス URL による Web からデータにアクセスできます。 3D モデル、KML/KMZ ファイル、TXT、画像、マップ、フィーチャなどのさまざまなファイル、および Open Geospatial Consortium (OGC) サービスを追加できます。 または、画像、人の動き、環境、ビジネス データなど、Esri が管理する ArcGIS 対応の地球規模の位置データを活用して、作業をサポートできます。

3D でのデータの視覚化

状況認識のために、3D グローブ上のデータを視覚化します。 KML/KMZ とその他のデータの表示、モデル、形状、距離の計測、標高グラフの作成、対話型の見通しおよび可視領域解析の実行による作業の計画を行います。 グラフィックス表現を強化するためにシンボルを使用します。

KML 全体の編集

フィーチャ ジオメトリ、ネットワーク リンク、スクリーンおよびグラウンド オーバーレイ、グラフィック スタイル、ファイル構造の編集など、KML を操作して、変化する状況を反映させ、最新情報を提供します。 作業環境の理解を深められるように、KML エラーをリアルタイムで識別および処理し、KML ツアーを再生し、2D マークアップを立ち上げます。

任意の環境で作業を共有

情報に基づく意思決定のために、ネットワーク接続環境とネットワーク非接続環境の両方で、作業を保存して KMZ ファイルとして共有します。 ArcGIS Earth は、任意の環境で 3D ビジュアライゼーションのデータにアクセスおよび共有するためのメカニズムを提供します。 デスクトップまたはモバイル デバイスでコンテンツをオフラインで利用できます。

どんなネットワーク環境にも配置可能

セキュアな環境でもオープンな環境でも使用できます。 ArcGIS Earth は、ファイアウォールの内側にいるユーザーのために、すべてのネットワーク レベルで保護されたサービスを処理します。 また、ArcGIS Earth は、ArcGIS Enterprise 認証、ビルトイン セキュリティ、IWA セキュリティ、PKI セキュリティ、SAML 認証、Kerberos など、信頼性の高いセキュリティ プロトコルをサポートしています。

利用方法

Mobile phone showing a digital image of a city and a computer monitor with a digital world map displaying symbology settings

地球上のあらゆる場所の探索

対象地域 (AOI) にズームするか、データをグローブに追加して、地理空間的な参照ポイントを設定します。

3D での操作

対話型の見通し解析、可視領域解析、および高度ツールを使用して、3D グローブ上で作業を計画します。

スケッチ、アノテーション、計測

プレースマーク、パス、ポリゴンを描画および編集します。 アノテーションと操作データを追加します。 座標と 3D ポイント間の距離を計測します。

シンボルを使用したスタイル設定

グラフィックス表現を強化するために、ミリタリー シンボルなどの Single Symbol and Dictionary 方法でフィーチャ レイヤーをシンボル化します。

コミュニケーションと共有

KML/KMZ ファイルを保存して協力者と共有し、ネットワーク接続環境とネットワーク非接続環境の両方で、デスクトップまたはモバイル デバイス上で使用します。

いつでも、どこでもデータを視覚化、解析、共有


ArcGIS Earth Mobile は、デストップ バージョンの機能性を手元にお届けします。 2D および 3D コンテンツの参照とグローブ上でのデータの視覚化、GPS トラックの記録と共有、およびデスクトップ アプリケーションと同じ 3D 解析の実行を、すべて手のひらの上で行うことができます。 ほんの数回のタップで、ポータルに接続し、ポータルへ情報を共有し戻すことができます。

陸地と水域の衛星画像を表示するタブレットと、緑の丘陵地帯の航空画像を表示するスマートフォン

ArcGIS Earth のダウンロード

デスクトップおよびモバイル用アプリのダウンロード

デスクトップでダウンロード

モバイルでダウンロード