Skip to Content

ArcGIS Pro の新機能


新たに登場する ArcGIS Pro 2.1 は、Esri のフラッグシップ 64 ビット デスクトップ GIS アプリケーションの次回のリリースです。 ArcGIS Pro 2.1 では、Esri は、ユーザーが求める新機能、2D と 3D データを操作する最新の革新、高度な解析機能を提供し、ArcGIS プラットフォーム全体のサポートを強化するという使命に継続的に取り組んでいます。

ArcGIS Pro 2.1

対話型テーブルの追加

Excel スプレッドシートや属性テーブルなどのテーブルをマップ レイヤーからレイアウトに追加できるようになりました。また、フィールドの順序変更、オン/オフの切り替え、表示される背景、境界、見出しの変更ができます。 属性テーブルでデータを自動的にフィルター処理して、表示フィーチャのみを表示できます。 マップ ビューが変化すると、テーブルが動的に変化します。

3D による作業の強化

新しい 3D 編集グリッドを使用すると、データを正確にスナップ、編集、操作できます。 対話形式による探索的 3D 解析には 3 つのモードがあり、見通し、可視領域、および可視ドーム ツールを使用して、すばやく可視解析を実行できます。 ステレオ表示モードと等角表示という 3D データの新しい表示方法が追加されました。

ModelBuilder への分岐の追加

ArcGIS Pro 2.1 の ModelBuilder には、モデル内での If-Then-Else 分岐ロジックの作成をサポートする 9 つの論理ツールが含まれています。 これを使用して、条件ステートメントをテストし、モデルの処理内容を決定できます。 モデルで複数のオプション、選択肢、代替策を考慮できるようになりました。

Business Analyst for ArcGIS Pro

ArcGIS Business Analyst for ArcGIS Pro を使用すると、さまざまなマーケティング解析を収集できます。これには、顧客と競合店の解析、および地理的なインテリジェンスの優位性をビジネスに提供するサイト評価が含まれます。

近日追加予定

ArcGIS Image Analyst を使ってみる

ArcGIS Image Analyst を使用すると、ArcGIS Pro での画像の視覚化と解析機能を強化できます。これには、ステレオ マッピング、高度な画像セグメンテーションと分類、画像空間解析、カスタム画像処理アルゴリズムの構築などが含まれます。

ArcGIS Image Analyst の詳細

ArcGIS Pro 2.1 の新機能の全リストを表示

今すぐ読む