Resources


System Requirements

ArcGIS Enterprise は、Windows と Linux でサポートされ、オープンなインターネットから接続または切断される物理的環境と仮想環境向けの柔軟な配置オプションがあります。

システム要件の表示

Upgrade to the Latest Version

ArcGIS 10.5 リリースで、ArcGIS for Server は ArcGIS Enterprise になります。 配置のアップグレードの詳細。

手順を実行

Functionality Matrix

ArcGIS Enterprise とそのサーバー ライセンス ロールで利用できる機能と特長を確認します。

今すぐ読む。

その他

HELP

コンテンツの共有

マップ、ツール、ジオデータベースなどの GIS リソースを公開し、ArcGIS Server で GIS サービスとして幅広い利用者が使用できるようにします。

開始 →

HELP

Web アプリの作成

Web 上でマップを構成して共有します。 オンラインおよびモバイル アプリでマップを表示します。

開始 →

HELP

ポータルの管理

組織の外観をカスタマイズし、セキュリティ、メンバー、グループ、コンテンツなどを構成します。 一般的な管理タスクおよび高度な管理タスクは、ArcGIS Python API を使用しスクリプトで実行できます。

開始 →

HELP

サーバーの管理

アーキテクチャ、セキュリティ、サービスなどを構成します。 一般的な管理タスクおよび高度な管理タスクは、ArcGIS Python API を使用しスクリプトで実行できます。

開始 →

HELP

配置先を選ばない

オンプレミスまたはクラウドに配置します。 Esri では、アマゾン ウェブ サービスおよび Microsoft Azure という普及率の高い 2 つのクラウド プラットフォームにあらかじめ読み込まれた仮想マシン イメージを提供しています。あるいは、Esri が代わりに、クラウドの配置を管理することもできます。

開始 →

ArcGIS Enterprise に含まれているもの

ArcGIS Enterprise には、次のソフトウェア コンポーネントが含まれています。これらは協調して動作するように設計され、デバイスや場所、時間に関係なく、マップ、地理情報、解析を利用可能にするために作業を整理および共有できます。

ArcGIS Server

Web サービスを使用して、組織または必要に応じてインターネット接続により任意のユーザーと任意のデバイスを使って地理情報を共有します。

ArcGIS Server の
基本操作 →

Portal for ArcGIS

組織の外観に合わせてカスタマイズされた Web サイトを通して、組織内の他のユーザーとマップ、アプリケーション、その他の地理情報を共有します。

Portal for ArcGIS の
基本操作 →

ArcGIS Data Store

ArcGIS Data Store アプリケーションを使用して、ポータルで使用されるホスティング/フェデレーション ArcGIS Server データ ストレージを構成します。

詳細情報
ArcGIS Data Store →

ArcGIS Web Adaptor (IIS) および ArcGIS Web Adaptor (Java Platform)

ArcGIS Server または Portal for ArcGIS を既存の Web サーバーと統合します。

詳細情報
ArcGIS Web Adaptor →

追加のコンポーネント

ArcGIS Data Reviewer、ArcGIS Workflow Manager, Mapping and Charting Solutions、ArcGIS for INSPIRE、および Esri Roads and Highways などの追加のコンポーネントが利用できます。

詳細情報
追加のコンポーネント →

Blog

Esri の専門家によって書かれた利用可能なソフトウェア ニュースを取得します。

すべてのエンタープライズ ブログを表示 →

Tutorials

この演習では、サービスとアプリを作成、公開、および共有する方法について学習します。

すべてのエンタープライズ チュートリアルを表示 →

Documentation

操作方法、ツールの使用方法、および ArcGIS の拡張方法がわかります。

エンタープライズ ドキュメントを表示 →

Training

GIS の生涯学習に必要なすべてにアクセスします。

すべてのエンタープライズ トレーニングを表示 →

Technical Support

私たちのチームが疑問に答え、問題を解決します。

テクニカル サポートを表示 →

Esri Community (GeoNet)

ベスト プラクティスとネットワーキングのためのユーザー仲間オンラインに参加します。

コミュニティに参加 →

お問い合わせ

Esri (1-800-447-9778) への電話でのお問い合わせ
(米国内のお客様のみ)