メインコンテンツにスキップ

ArcGIS AppStudio は 2025 年 2 月にサポートを終了します。既存のアプリケーションは、すべて移行する必要があります。

廃止の詳細

リソース

アプリケーションを移行するためのドキュメントやその他のリソースを検索

ダウンロード オプションに移動

ArcGIS AppStudio アプリの移行オプション

Esri は、ネイティブのモバイル アプリ開発は、アプリの寿命が長くなることが予想され、長期的なプロセスになる可能性があることを理解しています。そのため、新しいアプリ プロジェクトを開始する際は、AppStudio の代替ソリューションを選択することを強くお勧めします。

クロス プラットフォームのモバイル アプリ開発

次の製品を使用すると、アプリを一度作成するだけで、iOS、Android、デスクトップなど、複数のプラットフォームに対応したネイティブ アプリ ビルドを生成できます。

ネイティブ プラットフォームのモバイル アプリ開発

Esri の次の SDK は、iOS および Android 専用に設計された最新の開発者ツールを提供します。 これらのプラットフォームを使用して構築されたアプリは、Apple App Store または Google Play ストアに公開できます。

現場操作モバイル アプリ

次の高度に構成可能で、すぐに使用できるフィールド アプリを使用すると、ネイティブ アプリを組織サイトに配信して、オフィスの外で作業を行うことができます。 現場でデータを収集したり、対話形式のオフライン デジタル マップを利用したりできます。

Web アプリ

Esri は、コードを記述せずに (ローコード/ノーコード開発) Web アプリを作成できるアプリ ビルダーと、Web アプリをゼロから作成できる JavaScript SDK を提供しています。 Web アプリは、オフラインでの実行やモバイル アプリ ストアへの公開はできませんが、モバイル対応の最適化されたアプリをエンド ユーザーに配信できる最も簡単な方法です。

トレーニング クラス

前へ
次へ
その他のクラスの検索

デスクトップへの ArcGIS AppStudio のダウンロード

AppStudio を使用して、デスクトップでアプリを作成しましょう。 アプリ テンプレートを構成したり、カスタム コードでテンプレートを拡張したり、独自のアプリを作成したりできます。 デスクトップに AppStudio をインストールしたら、サイン イン パッチをダウンロードします。

前へ
次へ

ArcGIS AppStudio Player のダウンロード

作成したアプリをデスクトップまたはモバイル デバイス上で実行できます。 AppStudio Player を使用すれば、モバイル データ管理 (MDM) テクノロジやアプリ ストアへの公開を必要とせずに、あなたのアプリをすばやくテストして、組織の他のユーザーと共有できます。

ArcGIS AppStudio Player をアプリ ストアから取得